生餃子を冷蔵でお届け 倉敷ぎょうざ 上手な食べ方
生餃子を冷蔵でお届け 倉敷ぎょうざ HOME お問合せ&ご意見 HOME
会社案内
ご利用ガイド
ショッピング
美味しさの秘密
HOME
お客様の声
HOME>生餃子通販 倉敷ぎょうざ 上手な食べ方
※ オリジナルレシピをこちらからお寄せください。オリジナルレシピ
※ 調理例は、倉敷ぎょうざ20個分の水、油の量になっていますので、
   ぎょうざの数が少ない場合は、水、油の量を減らしてください。
@フライパンを中火で熱しながら、小さじ1杯のサラダ油をひきます。
※ホットプレートの場合は200℃に設定。
Aひだの部分をつまむようにして、ぎょうざ(約15個〜20個)をフライパンに並べ入れます。ぎょうざの間隔を開けておくとくっつきません。 Bすぐに熱湯(または水)約120cc〜140ccを、ぎょうざの粉を流すようにぎょうざの上から注いでください。羽根ぎょうざのように仕上がります。
(水の場合は若干少なめに!)
Cすぐにフタをし、水分がなくなるまで約4〜5分間加熱します。 Dフライパンのお湯がなくなったら、サラダ油を小さじ4杯加え、さらに1〜2分間中火で加熱します。
(ごま油で香りを楽しむこともできます。)
Eぎょうざの裏側に美味しそうな焼き色がついたら、お皿に盛って出来上がりです。
  
  1. 沸騰したがらスープに、塩コショー醤油などでお好みの味付けをします。
  2. 粉を落とした“倉敷ぎょうざ”を入れます。.
  3. 倉敷ぎょうざに火が通ったら、お好みのたれでお召し上がりください。
  1. 沸騰したがらスープに、塩コショー醤油などでお好みの味付けをします。
  2. 野菜・海鮮・豆腐など材料を入れて煮ます。 .
  3. 2に大体火が通ったら“倉敷ぎょうざ”を入れ煮ます。
  4. そのままでも美味しいですが、お好みでポン酢で食べるのも美味しいです。
  1. キムチ鍋の味付けをします。
  2. 野菜・海鮮・豆腐などの材料を、沸騰しただし汁の中に入れて煮ます。
  3. “倉敷ぎょうざ”を入れて火が通ったら、美味しいお汁ごとお召し上がりください。

  1. お鍋にたっぷりのお湯を沸かします。
  2. 生でお届けする倉敷ぎょうざをそのまま、沸騰したお湯の中に入れて3〜4分
    茹でて下さい。表面に浮かび、皮が透明なったらもちっとした美味しい
    水ぎょうざの出来上がりです。
  3. * おろしポン酢などで召し上がってください。お鍋の具などにもお楽しみ頂けます。

  1. 生でお届けする倉敷ぎょうざをそのまま160℃に熱した油の中に入れます。
  2. 鍋底から浮き上がってきたら菜箸で、きつね色になるよう餃子を動かしながら
    1分程度揚げて下さい。
  3. 油をよく切ってから、お皿に盛り付けてお召し上がり下さい。
    *添付のたれ、ポン酢、ドレッシング、マヨネーズなど、お好みで
    お召し上がりください。

  • スープぎょうざ、ワンタンの代わりにしても美味しいです。
  • 揚げぎょうざと生野菜のサラダも美味しいです。味はお好みで。
▲このページの上に戻る
Copyright(C)2008 haruka All Right Reserved.
上手な食べ方
HOME 生ぎょうざを冷蔵でお届け 倉敷ぎょうざ HOME 倉敷ぎょうざ お問合せ